検索サイト選びと安く買うポイント

分かりやすく選ぶなら日本国内検索サイトがおすすめ!

飛行機チケットの検索サイトはたくさんありますが、分かりやすさを重視するのなら国内の検索サイトがおすすめです。
特に「H.I.J」や「JTB」といった大手旅行会社だと取扱いのチケットが豊富で、人気観光地のチャーター便も出ているいることもあるので、チケットを安く買うことが可能になります。
しかし、海外旅行の場合は少し情報が少ない場合もあるので注意しましょう。

日本語対応のサイトもおすすめ!

海外の大手検索サイトの「SkyScanner」や「エクスペディア」などは日本語対応となっています。
ですので、日本語で予約すること可能です。
スカイスキャナーでは既存のルートの他に、さらに安いルートを提示してくれるので、格安の航空券を狙うことができます。
一方、エクスペディアでは飛行機のチケット以外に、ツアーやホテルの価格も比較して予約することができます。
また、航空会社ごとに検索を絞りこめるので、料金を比較する際にも便利です。
ただし、一部は英語でのやり取りになってしまうので、英語が苦手な人は翻訳サイトなどを活用しましょう。

早期購入割引の仕組みをチェックしよう!

各会社では早期購入での割引制度を設けていますが、利用条件があります。
利用条件はどこも似たようなルールなので、飛行機のチケットを安く購入するためにも覚えておくと良いでしょう。

・購入期限が設定されている
早割ではいくつか種類があり、それによって購入期限が設定されています。
その期限が搭乗する日よりも遠いほど、運賃が安くなりうる傾向があるのです。
もし早割で購入する場合は、価格が調整される搭乗日から3ヶ月前が目安になります。

・予約変更が不可能
早割では基本的に予約変更が不可能です。
また、予約の取り消しも販売期間の間は3割、販売終了後は5割から7割と、キャンセル料が高額となります。
このことから、旅行の日時などスケジュールをしっかり決めてから早割で購入しましょう。

金曜日と土日は料金が高め

必ずしもというわけではありませんが、飛行機チケットを検索する際は、土日など休日は避けた方が良いでしょう。
休日の日は航空券の購入率が高く、値段も高額に設定されている可能性があります。
このことから基本的に安いのは平日ですが、金曜日も高く設定されています。
一方、日曜日は土曜日や金曜日よりも少し安くなっています。
また、土曜日と日曜日は昼間から夕方と夜間の料金が異なり、昼から夜の時間帯のほうが安くなります。
もし休日に旅行を検討している場合は日曜日を選ぶか、時間帯をずらして予約すると少しでも料金を抑えることが可能です。

このように、検索サイトを選ぶ際は使いやすさや、情報量を含めて自分に最適な場所を選びましょう。
そして、なるべくルートや料金を複数比較して選ぶと、格安の飛行機チケットを見つけ出すことが可能です。
早割や各検索サイトのセールなどを利用すれば、よりお得に飛行機チケットを買うこともできます。