飛行機チケットは格安航空券でお得に

飛行機チケットで人気の格安航空券。
航空券を安くし、その浮いた分を旅先での思い出作りに使うことも出来るというリーズナブルな格安航空券を簡単に素早く入手できるオンライン旅行会社の紹介です。
g113g

■海外ホテルも多数【Expedia】

出発・到着予定の空港と日時・人数の入力でその日のフライトが一覧で見ることが出来るため、料金やフライト時間の比較が一目で分かるサイトです。
世界中の宿泊先・航空チケットで組み合わせも自由自在です。

管理元であるAAE Travelはシンガポールに社屋を構え、Expedia Inc.と格安旅行が売りのエアアジアが共同出資しているため、国内・海外の宿泊先も多数の候補から好みに合わせて選択し、お得な空の旅を楽しむことが出来ます。

■海外特集もバッチリ【H.I.S.】

航空券の基礎知識もしっかりと説明がある親切な格安航空会社です。
豊富な海外特集で海外旅行を手厚くサポート、主に海外旅行者向けの予約サイトになります。

海外航空券の購入で送迎無料・バス/タクシーチケットプレゼント・welcomeコース無料など様々な特典がついてくるお得なキャンペーンも開催。
また、Wi-Fiレンタル無料等のサービスも多数あるため快適な海外旅行が実現出来ます。
もちろん国内ツアーの検索も可能なので、どちらも楽しめる優良企業です。

■多数の旅行会社を比較【航空券.net】

数多くの旅行会社、航空会社の航空券料金やツアーの一括比較が見られる比較サイトです。
目的別に選択検索できるツアー情報で好みのツアーがきっと見つかります。

航空券検索時には航空会社や支払い方法等の詳細もまとめて選択可能で見やすく使いやすいサイトで誰でも簡単に操作できますので大変便利です。
比較会社が多いため最安も探しやすくお得なフライトが可能となっています。
※比較サイトなため予約時は各旅行会社/航空会社のHPから行う必要があります。

■ツアー情報も豊富・飛行機チケットの予約なら【スカイチケット】

格安航空券の検索、比較はもちろんのこと、国内のふるさとツアーまでまとめて掲載。
現地の見どころを余すことなく堪能できるのはとても魅力的です。
格安航空会社のみではなく、大手航空会社の料金比較もあり、地域別の最安料金がトップページに掲載されているため旅行先の検討もスムーズです。

スカイチケットからのお知らせ・欠便/遅延運行情報・各航空会社からのお知らせもまとめて掲載されており、予約した航空会社の公式HPを探す必要もない安心のサポート体制で人気の予約サイトです。

飛行機チケットはどうやって入手する?航空サイトでの入手方法

飛行機に乗るための航空券を手に入れようと思った時に、初めてだとどのように券を取っていいか不明に思う方も多いのではないでしょうか?
そんな時は航空券を販売しているサイトをチェックしてみると良いです。
大抵のサイトでは同じような方法・流れで航空チケットを入手できるので、どのサイトでも利用しやすいよう、ご紹介します。

■まずやることは?

サイトへ行ったら、まずはTOPページに航空券検索が開かれています。
まずはそこで往復路の日時や時間、到着地を入力しましょう。
とりあえず往路だけを見てみたいという時でも、片側のみもしくは往復路両方を選択することができるので、往路しか決まっていない場合でもチケット検索はできます。
時間や日時を入力した後、検索ボタンを押すと便名や時間、運賃などの情報が一覧となって現れます。
その中から自分の旅行に適したものを選んでみましょう。
この中で良いのが見つかった場合は、予約ボタンを押すと申し込み画面へと移動します。
まだ調べるだけという時は、予約ボタンを押さないだけでいいです。

■実際に予約してみよう!

実際に予約を行なう時は代表者及び同行者の名前や年齢、電話、メール、決済はどの方法で行なうかなどを入力します。
書かれていない項目があれば、次に進んだとしてもまた入力画面に戻ってくるので書き漏れが無いように気を付けましょう。
あとは入力が全て終われば入力内容を確認し、本当に正しいかどうかを確かめます。
こういった確認ページを流してしまう方も多いようですが、きちんと正しい情報を入力しているか確認しないと、間違った電話番号やメールアドレスが登録されてしまったり、最悪の場合飛行機に乗れなくなってしまうこともあるので注意が必要です。
確認が終わって申し込みボタンを押すと飛行機のチケット予約が完了となります。

■予約した後は?

予約をした後はサイトから席が取れたという案内があった後、入金の手続きに入ります。
予約画面で決済の方法を選んだと思うので、その決済方法でチケット代を支払います。
この入金が確認されれば予約の番号や確認の番号が書かれているメールを受け取ることができ、旅行に出かける日に空港の自動チェックイン機に2つの番号を入力してチケットが発券されるのです。
支払った後にキャンセルする時は手数料を支払う必要がありますが、支払い前なら予約は取り消し可能なので安心です。

上記のような流れで飛行機のチケットは予約でき、とても簡単で便利です。
ほとんどの航空券サイトでは同じような方法で取得できるので、ぜひこちらを参考にチケットを入手しましょう。

飛行機チケットの検索サイト選びと安く買うポイント

■分かりやすく選ぶなら日本国内検索サイトがおすすめ!

飛行機チケットの検索サイトはたくさんありますが、分かりやすさを重視するのなら国内の検索サイトがおすすめです。
特に「H.I.J」や「JTB」といった大手旅行会社だと取扱いのチケットが豊富で、人気観光地のチャーター便も出ているいることもあるので、チケットを安く買うことが可能になります。
しかし、海外旅行の場合は少し情報が少ない場合もあるので注意しましょう。

■日本語対応のサイトもおすすめ!

海外の大手検索サイトの「SkyScanner」や「エクスペディア」などは日本語対応となっています。
ですので、日本語で予約すること可能です。
スカイスキャナーでは既存のルートの他に、さらに安いルートを提示してくれるので、格安の航空券を狙うことができます。
一方、エクスペディアでは飛行機のチケット以外に、ツアーやホテルの価格も比較して予約することができます。
また、航空会社ごとに検索を絞りこめるので、料金を比較する際にも便利です。
ただし、一部は英語でのやり取りになってしまうので、英語が苦手な人は翻訳サイトなどを活用しましょう。

■早期購入割引の仕組みをチェックしよう!

各会社では早期購入での割引制度を設けていますが、利用条件があります。
利用条件はどこも似たようなルールなので、飛行機のチケットを安く購入するためにも覚えておくと良いでしょう。

・購入期限が設定されている
早割ではいくつか種類があり、それによって購入期限が設定されています。
その期限が搭乗する日よりも遠いほど、運賃が安くなりうる傾向があるのです。
もし早割で購入する場合は、価格が調整される搭乗日から3ヶ月前が目安になります。

・予約変更が不可能
早割では基本的に予約変更が不可能です。
また、予約の取り消しも販売期間の間は3割、販売終了後は5割から7割と、キャンセル料が高額となります。
このことから、旅行の日時などスケジュールをしっかり決めてから早割で購入しましょう。

■金曜日と土日は料金が高め

必ずしもというわけではありませんが、飛行機チケットを検索する際は、土日など休日は避けた方が良いでしょう。
休日の日は航空券の購入率が高く、値段も高額に設定されている可能性があります。
このことから基本的に安いのは平日ですが、金曜日も高く設定されています。
一方、日曜日は土曜日や金曜日よりも少し安くなっています。
また、土曜日と日曜日は昼間から夕方と夜間の料金が異なり、昼から夜の時間帯のほうが安くなります。
もし休日に旅行を検討している場合は日曜日を選ぶか、時間帯をずらして予約すると少しでも料金を抑えることが可能です。

このように、検索サイトを選ぶ際は使いやすさや、情報量を含めて自分に最適な場所を選びましょう。
そして、なるべくルートや料金を複数比較して選ぶと、格安の飛行機チケットを見つけ出すことが可能です。
早割や各検索サイトのセールなどを利用すれば、よりお得に飛行機チケットを買うこともできます。

飛行機チケットの購入は航空会社公式HPで

飛行機に乗る際には事前にチケットを予約・購入しなくてはいけません。
代理店へ行き直接店頭で購入する方法、電話予約、ネットのHPにて予約する方法とありますが、今回はインターネット予約でオススメのサイトをご紹介します。

■大手航空会社【ANA】公式HP
誰もが聞いたことのある航空会社の代表的存在です。
公式HPからは国際線、国内線共に予約や座席の空席情報が確認出来ます。
各種サービスの紹介や搭乗までの手順等、細部まで説明があるので初めてのフライトでも安心して利用することが出来ます。

また、期間限定での割引サービス等も行っており、通常時よりもお得に旅行が楽しめる旅割やホテルの宿泊プランのついた旅作でチケット代の節約も可能です。
また、タイムセールの開催情報が掲載されているため、旅行検討中の方はタイミングを合わせることでお得な旅割をもっとお得に予約することが出来ます。

公式HPならではの欠航・遅延によるお知らせ等も逐一確認することが可能で、欠航の予想もされているためこの予測結果によってキャンセルや変更も出来るようになっています。
次回の掲載予定時刻も出ているため、早め
の判断による回避が可能です。

更に国内線では、購入詳細が決定しているお客様に対し、搭乗手続きなく保安検査場へ直行出来るスキップサービスでスムーズな搭乗をサポートしています。
必要なものや流れまで全て説明があるため、事前に知ることで余裕を持って搭乗することができ、大変便利です。

■大手航空会社【JAL】公式HP
ANAと同じく最大手の航空会社JALの公式HPでも予約・空席確認が行えます。
また、旅先でのレンタカーやゴルフ場、レストランやタクシーまで予約可能なサービスが完備されており、会員ログイン後の利用でマイル積算することが出来ます。
その他、提携先サイトの一覧掲載もあるため搭乗後に快適な旅を楽しむ万全のサポート体制が整っています。

早い時期の予約でお得な先や割航空券と宿泊先がセットで予約出来るパッケージプランもあり、利便性の高い内容になっています。
更に各種キャンペーンも期間限定で行われ、マイルのプレゼントやお子様への搭乗プレゼント等、種類も豊富で大人から子供までお得に嬉しい旅が出来るようになっています。

会員先行予約もありますので、早めの会員登録が最もお得な利用方法になります。

大手航空会社は充実したサービス・サポートを軸とし、顧客満足優先のHPなため初めての人でも利用しやすいという勉強がありるのです。

飛行機チケットは格安派?大手派?上手な使い分け

飛行機チケットの予約時には、大手航空会社か格安航空券か迷ってしまいます。
それぞれの特長と、どんな人向けなのかを紹介します。

■大手航空会社の特長
やはり大手だけあってサポート・サービスが豊富でだいたいのサービスは無料で受けることが出来ます。
座席のグレードがあがる毎に無料サービスは増加して行きますので、全部という希望の方はグレードにも注目してみましょう。
その分、航空券自体の料金は高めの設定となっているため国内往復でも数万円は必要になるということになります。

また、飛行機自体が大きなため一度に沢山の人数を乗せることができ、よほど人気の時期や席を除けば予約が取れないということも避けやすくなります。
飛行機内の座席のスペースもしっかりと確保されています。
基本的に大手航空会社の搭乗時はスムーズに搭乗することが出来ますし、予約方法も電話・店頭・ネットと様々です。

■格安航空券の特長
航空券自体の料金は安いが、その分サービスを無くし人件費の削減を行っています。
フライト機体も小型~中型を一般的に使用しているため、一度に多くの人数を乗せることは出来ず、欠便が出た時に代わりの飛行機が居ないという状況が起こりやすくなります。

サービスの選択制によって、料金が安くなったり別途請求されたりと利用状況で変動するため、予めプランの確認をしておくことが大切になります。
座席の間隔が狭いためくつろぎながら行きたいという方にはあまり向かないかと思えます。

手荷物の大きさや重さも厳しくチェックされ、搭乗口から飛行機までも距離が長いという可能性も高まります。
しかし、料金の安さは断トツですので、フライト時間の短い距離や短時間での到着が見込める場所であれば存分に力を発揮します。

■どちらが良い?
結果的には、どちらにもメリット・デメリットはありますので、一概にどちらとハッキリお答えすることは出来ません。
なぜならお客様が何を選ぶかが重要で、それぞれに合った利用方法があるからです。

とにかく航空券を安くし旅行先で贅沢をする、仕事の都合などで値段よりもフライト時間や快適さを重視する等、何を望むかで上手に使い分けるというのが一番理想的ではないでしょうか。

料金やサービスの差にはそれぞれの努力が詰まっており、高いから安全、安いから危険というイメージはどんどん薄れているのが現状にあります。

人気の旅行先や時期には、どちらもチケットがない場合もありますので、早めの予約が大切です。